家庭用脱毛機器と脱毛エステはどちらか良いのか?

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

家庭用脱毛機器は、今ではネットで購入することができ、家で簡単に脱毛ができます。

 

自分のペースに合わせて脱毛が出来るのは魅力的ですし、通う必要もなく、必要な時に脱毛ができます。

ワキ、腕、ヒザ下などの脱毛したいパーツの上位に上がりそうな部分は、自分で手軽に処理ができます。

 

一方でデメリットもあります。

それは自分で脱毛後の処理をしっかりしないといけないことです。

 

脱毛後は乾燥しやすいので、クリームや乳液などで、しっかり保湿に努めてください。

また、自分で手が届かない部分(背中やIOラインなど)は、脱毛ができないので、それらは別のところで処理をしなければなりません。

でも、人によってはそれほど重要でないかもしれません。

 

脱毛エステのメリット・デメリット

一方で、脱毛エステは、通う大変さはあるかもしれませんが、エステティシャンの人が脱毛をしてくれるので、おまかせしていればいいので楽です。

脱毛後のケアもしっかりしてくれるところがほとんどで、自分でが手が届かないところもきれいに処理ができます。

 

自分のペースでムダ毛の処理をするのは難しいですが、毛が生える周期に合わせて処理ができるので、効率的に脱毛ができます。

 

デメリットのほうは、脇脱毛なら安くても、全身脱毛にすると、かなり料金がかかってしまうことが一番大きいかと思います。

また予約を入れたり、通ったりも大変です。

 

どちらがいいかは、脱毛エステに通う時間、手間、時間と、仕上がりのきれいさを天秤にかけて、決めるのがいいかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ